進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

療育センターの入園式

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

 

療育センターの入園式の日が

やってきました。

 

Sセンターの3歳〜5歳児、

知的・肢体クラスは大所帯で、

合わせて90人前後の子どもたちが

在籍しています。

 

その人数が一堂に集い、

ギュウギュウ詰めでの式典です。

(当時はコロナが無かったので

全員参加が可能でした)

 

新入園児にとっては新しい場所、

加えて大人数、と、

不安要素が重なって 

大泣きする子どもや

その場から離れようとする子など

さまざま。

むーくんもやや緊張した表情でしたが、

私が横にいたのもあってか

落ち着いて過ごせました。

 

その後、クラスに分かれて

自己紹介等が行われました。

クラスは縦割りで編成されていて、

年長さん4人、年中さん1人、

新入園児4人の9人のクラスに、

先生が3人!という手厚い体制です。

 

新入園児に、むーくんと同じ

気管切開をしているお友達もいて、

同じような境遇の家族がいる、と、

とても心強く感じたのでした。