進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの6歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

ケアについて

製造停止ってどういうこと!?

【むーくんの経緯】 1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、転院するなど試行錯誤するも抜管が出来ず、生後半年…

スピーチバルブが手に入らない!

【むーくんの経緯】 1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども…

長時間のスピーチバルブと、副産物

【むーくんの経緯】 1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども…

スピーチカニューレを試してみる

【むーくんの経緯】 1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども…

カニューレホルダーを変える

【むーくんの経緯】 1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども…

首に潰瘍ができる

【むーくんの経緯】 1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども…

自宅でのカニューレ交換

【むーくんの経緯】 1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども…

気切ケアの詳細

【むーくんの経緯】 1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども…

訪問看護利用スタート

【むーくんの経緯】 1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども…

外出時の精製水入れ

【むーくんの経緯】 1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども…

吸引セット

【むーくんの経緯】 1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども…

カニューレ交換、体制の違い

福岡こどもに戻ってきて初めて カニューレの交換をすることになりました。 (カニューレとは気管切開口に挿入している チューブのことですね。) 兵庫ではHCUにいたのもあり、 万全の体制でカニューレ交換には 臨んでいました。 看護師さんがスタンバイし、 …

人工鼻はどれがいい?

人工呼吸器が必要ない、となったむーくん。 となると、カニューレの先につなぐものが なくなるので、 乾燥を防ぐために「人工鼻」と呼ばれるものを 使います。 (読み方は病院によってジンコウバナ、ジンコウビ) 人工鼻は様々な種類があります。 例えば、 ①…

在宅で必要なその他のもの

病院から自宅に帰る前に 必要と言われて購入したのが、 アンビューバッグです↓ 自力での呼吸が苦しい時に 手動で酸素を送るものです。 むーくんの場合は気管切開しているので、 写真左手のマスク部分を取り外して 青い部分を直接首のカニューレにあてて 酸素…

吸入器の購入

医療的ケア児というのは 色々な機器が必要なんですねー。 気管切開をしていると、 痰がとても出やすくなります。 乾燥等で痰が固まってしまうと 呼吸が苦しくなってしまうので、 痰をサラサラにする薬を「吸入」します。 吸入器はこんな形がベーシックなもの…

自宅で使う吸引機

自宅では自前の吸引機を使わないと いけないため、 どれを買うか、地域連携課より パンフレットをもらっていました。 家庭で使うものの選択肢は少なく、 パワースマイル↓ もしくは、エマジン↓ この2種類から選ぶことに。 お値段でいうと(当時の価格で) パ…

お風呂の入れ方

むーくんは首に穴が空いているので、 お風呂に気を遣います。 首の穴にお湯が入ってしまった場合、 肺炎のリスクがありますし、 最悪溺れてしまう危険性も。 病院ではベッド横に ベビーバスを持ってきてくれて、 脇の下くらいまで 浸からせてくれていました…

カニューレの交換

首に入っているカニューレは、 2週間〜4週間に1回 交換することになっていました。 いざという時(抜けてしまった時)に 即座に挿入できるようになるためにも 家族の練習が必要でした。 これがまた緊張するのです。。。 兵庫こどもでは閉じる時のことを考…

気切ケアで使うもの

兵庫県立こども病院では 気切ケアに「綾紐」と呼ばれる紐を 利用していました。 紐を直接首にあてると 皮膚が傷付いてしまうし 締め付けられてしまうので、 保護用の布を作るよう言われました。 例として見せてくれたのが コチラ↓ お裁縫なぞてんでやったこ…

気切ケアとは

自宅に帰るためにもう1つ重要なのが、 「気切ケア」です。 気切ケアとは、 喉に入っている気管カニューレを 固定している首回りの紐や、 ガーゼなどを交換する 気管切開にまつわるケアのことです。 お風呂に入った後や 痰が多い時などに交換するので 少なく…

痰の吸引

気管挿管していると 異物が入っているせいで痰が出てきます。 ゴロゴロ、と胸に痰が上がってくる音がしたら 挿管チューブの中にカテーテルを入れて 痰の吸引を行います。 痰を出す、というのは 意外と難しいことらしく、 他の医療機関で痰を出し切れずに (…