進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

心臓外科医というお仕事

むーくんを担当した

心臓外科の先生のお話を少し。

 

2000グラムに満たない

小さいむーくんの心臓の血管を

切ったり繋いだりする手術は

神経をとことんすり減らし、

繊細な技術を求められるもの

だったことでしょう。

 

それに加え術前も術後も、

私たちへの説明は絵を描きながら

とても丁寧に細やかにしてくださいました。

 

「家族への説明」も

決しておざなりにせず、

医療者と家族とが

大事な手術を乗り越えるために

一緒になって闘ってくれているのが

全力で伝わってきました。

 

そういえば週末からずっと夜中まで

病院にいらっしゃる・・・。

「ほとんど寝ておられないでしょう?」と

尋ねると、

少し笑顔になって、

「こればかりは仕方ないんです」

と答えられました。

 

このような先生がおられるお陰で、

助かる命があるのだと痛感しました。

むーくんもその1人ですね。

むーくんがいつか大きくなって

元気になったら、

きっとその姿を見せに行って、

一緒に「ありがとう」を

お伝えしたいなあ…。。。

 (先生はその後まもなく異動されて

関東の方に行かれたそうです。。

お身体だけはどうぞ大切に…)

 

f:id:gotama:20190909151056j:plain

↑心外の先生が説明の時に描いてくださったもの