進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

鎮静から覚めるまで

手術後、病院から緊急の電話も

かかることなく…

翌日むーくんに会うことが

できました。

筋弛緩剤と鎮静と痛み止めと

いくつもの点滴につながれている

むーくん。

痛々しい姿に、

胸を締め付けられる思いでした。

なんて頑張り屋さんなんだろう。

 

f:id:gotama:20190917203020j:plain

 

筋弛緩剤を入れている間は

筋肉を動かすこともできないので、

口も力なく開いたまま

全身ピクリともしません。

 

人工呼吸器下にあることもあり、

呼吸やサチュレーション(体内の酸素濃度)は

安定してました。  

 

筋弛緩剤から順に切っていき、

鎮静を薄くかけた状態までいくと

少し動き出します。

むーくんが目をパッチリ開けたのは

手術から3日後のことでした。