進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

交換ノートの存在

福岡市立こども病院のNICUでは、

面会時間が限られるため

看護師さんとの「交換ノート」がありました。

忙しい中、むーくんの様子を綴ってくれたり、

目が開いている写真などを

貼ってくれたりしました。

私たちもむーくんの様子や

想いなどを綴ってきました。

不安を吐き出せる場でもありました。

 

転院を目前にして

私が書いていたノートの中身。

「福岡の子ども病院生活、

カウントダウンに入りました。何か複雑…。

ちょっと寂しい気もしています。

本当は退院したかったなー」

 

本音はそこですよね。

福岡のこども病院を退院して

自宅に帰りたかった…。

むーくんが生まれて2か月半。

むーくんは一度も家に帰ることなく、

今度は遠く離れた兵庫へ

行くことになりました。