進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

気切ケアで使うもの

兵庫県立こども病院では

気切ケアに「綾紐」と呼ばれる紐を

利用していました。

 

紐を直接首にあてると

皮膚が傷付いてしまうし

締め付けられてしまうので、

保護用の布を作るよう言われました。

 

例として見せてくれたのが

コチラ↓

f:id:gotama:20200201151145j:plain

お裁縫なぞてんでやったことのない私は

内心焦りましたが

不器用ながら作った初期のものが

コチラ↓

f:id:gotama:20200201151855j:plain

指がある所に首が入る

イメージですね^^

 

紐ではなく、マジックテープでとめる

方法もありましたが、

(マジックテープタイプ↓)

f:id:gotama:20200201152114j:plain

事故抜管の危険を減らすには

外れたりする恐れの少ない

紐を推奨する、とのことでした。

 

 

やり方としては、

カニューレの穴に紐を両方通して

首と保護布の隙間が

指1〜1.5本分入るくらいまで

きつく引っ張り、結んでテープで留めます。

 

これが指2本分、とかになると

抜管の危険があるというので

もう一度やり直しです^^;

 

その後も保護布に関しては

マジックテープのものも含めて

試作品を色々作り試行錯誤しましたので…

そのことについては

また改めてお話しようと思います。