進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

在宅で必要なその他のもの

病院から自宅に帰る前に

必要と言われて購入したのが、

アンビューバッグです↓

f:id:gotama:20200222144549j:plain

自力での呼吸が苦しい時に

手動で酸素を送るものです。

 

むーくんの場合は気管切開しているので、

写真左手のマスク部分を取り外して

青い部分を直接首のカニューレにあてて

酸素を送るようになります。

 

このアンビューバッグがなぜか!

ちょうどいいサイズのものがないのです汗

一番小さいサイズのものが

新生児用で体重5キロ以下の患者用。

次のサイズが体重10キロ以上、

40キロ以下の患者用…。。。

えっと、その間の体重の子は

どうするのかしら??^^;

 

結局すぐに使えなくなるよりは、

ずっと使えるものを、ということで

10キロ以上40キロ以下のものを

買いましたが…

適していないものを使わざるを得ないのは

なんだか納得できませんよね…悲

 

そのほか、胸の音を聞くための

聴診器もあった方がいい!と

言われて1000円ほどのものを

購入しました。

しょっちゅう聴診器を使って

むーくんの胸の音を聞いてはいましたが…

痰の音はよく聞こえるものの、

看護師さんや先生みたいに

胸の音でエア入りだの雑音だのが

分かるまでは未だ至っていません…^^;