進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

ショックを和らげた言葉

兵庫県立こども病院の看護師さんには

言葉で救われることが

たびたびありました。

 

今回、耳鼻科の診察を終えて、

「声帯麻痺」という新事実を突きつけられ

放心状態だった私たちに、

その日担当だった若い看護師さんが

言ってくれた言葉。

「大変なことが続いてお辛いですよね。

でも、私はむーくんのお父さんとお母さんが

お二人で良かった、って思います。」

 

これには泣きました。

あなたたちならきっと受け止めて

立ち向かっていけます、

と、背中を押された気がしました。