進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

自宅での生活

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

長かった病院生活を終え、

自宅に帰ってきました!!

試験外泊の時とは違い、

ワンコはプチパニック状態で、

ワンワン吠えたりソファーに

オシッコをしたり…。

でも…むーくんがいる生活が

デフォルトになるので、慣れてもらわねば…^^;

 

自宅に帰ってきてから2日後、

家族みんなで初めての散歩に行きました!

まだ腰がしっかりしないので

ベビーカーに寝そべる、に近い形でしたが、

むーくんはキョロキョロと辺りを

見渡していました。

シロツメクサを手に持って、

これまで見たことのない笑顔を見せていました。

頬に触れる風や、初めて手にする植物、

新しい景色。

これからたくさんの刺激の中で

成長してもらわねば。

 

ちなみにベビーカーは

吸引機が乗せられるスペースが

あるものを選びました。

痰が多かったので、出かける時は吸引機を

持っていくのがマストでした。

出かける時の吸引セットについては

また次回お話しようと思います!