進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

吸引セット

 

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

吸引する時に必要な物を

紹介しようと思います。

①吸引機

f:id:gotama:20200412145443j:plain

 

②吸引カテーテル

f:id:gotama:20200412150151j:plain

※サイズや形などけっこう種類があります。

我が家は右側の形の8フレをよく使っていました。

 

③消毒綿

f:id:gotama:20200412150312j:plain

カテーテルは1日何回も同じものを使うので、

先端を拭いて消毒します。

 

④精製水

f:id:gotama:20200412150437j:plain

カテーテルの中にたまった痰を

精製水で流します。

 

これらの物を容器に小分けにして

吸引機と一緒にいつも

持ち歩いていました。

 

容器は毎日ミルトン(赤ちゃんの哺乳瓶などの消毒剤)につけて消毒していました。

毎朝吸引機を綺麗に洗い、

消毒済みの容器に

新しいカテーテル・精製水・

消毒綿を入れるのが日課となりました。