進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

初めての実家

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

むーくん、生後8か月にて

初めて実家に帰ることができました。

 

入院中は病院まではるばる飛行機に乗って

お見舞いに来てくれていた

祖父母や伯母たち。

長い入院生活を余儀なくされた

幼い子どもを目の当たりにして、

親族もどんな気持ちでいたでしょう。

 

パパママの実家が近かったので

双方の家に行くことができました。

祖父母の家だけでなく、

欲張って曽祖父母の所へも行きました。

 

たくさんの人にかわるがわる

抱っこしてもらいました。

みんなが心から喜んでくれました。

むーくんはずっとご機嫌でいてくれて

助かりました。

 

病院という限定された場所から

解放され、

まだまだ心配は尽きないけれど

こうやって直接会いに行くことが

出来るまでになり…

 

改めて、頑張ってくれたむーくん、

頑張ってくれた先生や看護師さんへ、

ありがとう、の気持ちで

いっぱいになりました。