進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

兵庫での検査入院へ

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

退院して4か月後くらいに

兵庫こども病院へ再び

行くことになりました。

経過を診るための2泊3日の検査入院です。

 

兵庫までは新幹線を利用しました。

今回は多目的室ではなく、

指定席を取りました。

相変わらず大変な荷物でしたが、

夫が一緒だったので何とかなりました。

(むしろ私一人では行ける気がしない)

 

4か月ぶりの病院。

色々あった病院ですが、

元気なむーくんを連れての凱旋?は

むしろ晴れやかな気持ちでした。

 

HCUの看護師さんが、

仕事を終えてから一般病棟のむーくんに

わざわざ会いに来てくれました^^

むーくんを抱っこしてくれ、

むーくんの成長を

とても喜んでくれました。