進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

兵庫・検査入院初日

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

検査入院の初日は術前検査です。

翌日の全身麻酔での検査に向けて

体調を確認するためのものです。

 

身長・体重・レントゲン・血液検査…

術前検査だけでもけっこうな労力です。

むーくんはレントゲンで分離しては泣き、

血液検査でチックンされては泣き…

(しかも血管が細くて何度かやり直し)

たくさん泣きながらも

全ての項目をクリアしてくれました^^

 

検査が終わったあと、

病棟にあるプレイルームで遊びました。

オモチャがたくさんあるので、

むーくんは一気にルンルンになりました^^

 

基本的に完全看護なので、

むーくんは1人で病院に泊まります。

離乳食を食べさせ、ミルクをあげ、

むーくんがしっかり寝るのを待って

私たち夫婦は、4か月前まで住んでいた

須磨の街へと向かいました。

須磨にはお気に入りのお店が

いくつかありましたが、

そのうちのお寿司やさんへ行きました。

(ネタが大きくて安くて美味しい!)

当時はむーくんの先が見えず

よくクダを巻いていた場所でもありますが…笑

今回は心持ちが全く違いました。

いつか、むーくんを連れて

また来たいね、

笑いながらそんな話をしました^^