進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

声帯は麻痺か固着か

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

声帯は麻痺か固着か…

それによっては出来る手術の方法などが

変わってくるようでした。

 

色々な文献を調べていると、

麻痺は時間が経過しても

動き出す症例がけっこうあるようでした。

麻痺であれば、

開大術といって、

声帯に糸をかけて引っ張り

気道を確保する方法が

小児にも試されているようでした。

 

一方で挿管などによる瘢痕による固着は

動こうとする力はあるものの

固まって動けない、という状態なので、

糸の力だけで気道を確保することが

難しいようでした。

 

麻痺か固着か。

この時点ではそのどちらであるかも不明で、

先に進む方法があるのかさえ

分からない状態でした。

 

せめてむーくんの声帯に

ちゃんとした診断がつけば、

抜管に向けて何らかの動きを取ることが

できるのに…。