進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

気管切開児がいる人との出会い

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

むーくんは生後半年で

気管切開児になったわけですが、

周りに同じような人はおらず、

困った時にどうすればいいのか、

情報をどう収集すればいいのか、

ずっと悩んでいました。

 

福岡こども病院の耳鼻科で

そのことを相談したところ、

気管切開児を持つお母さんを

紹介してくれることになりました。

 

むーくんより4・5歳年上の

気管切開をしている男の子。

自分の足でしっかり歩き、

お母さんとお話をしていました^^

「歩くのも喋るのも難しいかと

思っていたけど、

いつの間にかこんな風になりました」

とお母さん。

子どもの計り知れない伸び代を

垣間見た気がしました。

 

実生活にてさまざまな経験をしてきた

親子の存在はとても心強く、

その後もいろんな相談を

させてもらったのでした。