進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

立っちまでの過程

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

むーくん、療育センターでの

運動訓練を始めて1か月ほどが経ちました。

 

ある日、むーくんはヒザ立ちをして

ヒザを一歩前に出すことができました。

 

その後も訓練を進めるうちに、

今度は片方のかかとに重心を置いて

お尻を浮かすまでいきました。

これが両足でできるようになれば、

もう立っちまで行ける、

ということになります。

 

はたから見ていると

これってすごいことなの!?

と思ったりもするのですが、

先生はちょっとした動きに

大喜びしてくれました。

 

考えてみると、赤子ってすごい本能を

持っているのですね。

特に訓練しなくても、

自分で動く、という日々の積み重ねで

いつのまにか「歩く技術」を

獲得しているんですもの。

 

改めて、これまで入院していて出来なかった

「成長の過程を丁寧に辿る」ことが

発達において重要なことなのだなーと

感じさせられました。