進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

つかまり立ちとシャフリング

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

初めてのハイハイと時を同じくして、

むーくんは私の膝の上からですけど、

かまり立ちができるようになりました!!

ハイハイと同時期とは…^^;

ちゃんとしたハイハイ、という

過程を踏まないで、

いきなりつかまり立ち。

あるべき過程をすっ飛ばして

大丈夫なのかなと不安もありましたが、

歩く、への確実な成長です( *´艸`)

 

一方のハイハイモドキは、

モドキから一向に進化しませんでした。

なにやらハイハイを諦めたような気配も

漂っていました。

代わりに、お座り状態のまま

移動するのです。

調べてみると、そんな子どもは

「シャフリング(足を引きずって歩く)ベビー」

と呼ばれていて、

そう珍しい経過でもないそう。

きっと本人にとって

その方が動きやすい手段だったのでしょうね。

いずれにしても、

結果的に歩けるようになれば

なんの問題もないはずです。