進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

気管支炎で緊急入院

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

8か月半病院で過ごし、

退院してからは

ちょこちょこ体調を崩すことはあっても

すぐに回復していたむーくんですが、

この時は違いました。

 

日中から痰が増えて、

夜になってゲホゲホ咳をするように。

熱も38.5度まで上がってきました。

咳がひどいせいで、吸入の時に嘔吐もし、

かなりしんどそうです。

サチュレーション(体内の酸素濃度)を測ると、

90前後に落ち込んでいます。

(普段は97〜98パーセントくらい)

土曜の夜でしたが子ども病院に電話しました。

当直の先生が診てくださるとのことで、

入院の可能性を考えて準備をした上で病院へ。

 

やはり、入院となりました。

咳もひどかったので、

喘息様気管支炎との診断されました。

むーくん、風邪で初めての入院です。

抗生剤が始まり、

引っ切り無しの吸引と心配で

眠れぬ夜が過ぎていきました。