進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

初めての発達検査

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

 

むーくん1歳5か月の時、

初めて発達検査を受けることに

なりました。

 

検査する側としては

事前に練習をしてしまって

本来の発達と違う結果が出るのを

避けるため、

検査内容はあまり口外して欲しく

ないっぽいので、

代表的なものをいくつか紹介してみます。

 

①小さい積み木(1.5センチくらい)を

 積めるか。

②大きな板にあいている○△⬜︎の穴に

 型はめできるか。

③6つくらいの絵を見て「ワンワンどれ?」

 などと聞かれて指をさせるか。

 

むーくんの成果

①挑戦するも失敗、先生がやってみせると

 成功する。1個積める。

②先生がやってみせると成功。板の向きを

 逆さにすると入れられない。

③だいたい指をさせる。でも1つ難しかったのが

「ご飯どれ?」という質問。

ご飯が入っていないお茶碗だけの絵で

ご飯は?と聞かれても…と思うのだけど、

そこまで想像できるのが検査なのでしょうかね。

 

あとは運動の発達状況なども見て、

総合で1歳ー1歳3か月くらい、

との検査結果が出ました。

 

療育手帳をもらえる

ギリギリのところかな、

とのことでした。

療育手帳があれば

さまざまな社会的サービスを

受けられる、ということでしたが、

発達の段階が遅れ気味なこと自体が

少し悩ましく、 

「取れますよ」と言われて

複雑な気持ちになったのでした。