進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

経過を診に兵庫へ

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

むーくん1歳7か月の時に

気管軟化症の経過を診るため

兵庫県立こども病院へ行くことになりました!

 

当日入りだと余裕がなくバタバタするため、

今回は前乗りで兵庫入りしました。

病院の施設内にある家族用の宿泊施設、

ファミリーハウスに

むーくんも一緒に前泊です。

 

ファミリーハウスといえば

むーくんがすごく大変だった時に

いつもむーくんのことを案じ、

夫と2人で耐えた場所。

 

そこにむーくんも一緒にいる、

ということに

とても感慨深くなりました。

 

f:id:gotama:20200714094421j:plain

 

家族が一緒にいられるのは

本当に幸せなことです。

 

f:id:gotama:20200714094900j:plain

↑ちっこい子がここに居るだけでムフフです。

 

さあ、今回も全身麻酔で寝かせて、

気管軟化症の状態と声帯の状態を

診てもらいます!!