進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

PTさんによる食事訓練

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

 

さっそく食事訓練が始まりました。

口の中に食べ物を入れると

なんとなくモグモグっぽい素振りはするものの、

ちゃんと噛めずに食べ物が

舌の方に集まってしまうむーくん。

 

舌の真ん中に集まってしまった食べ物を

箸を使って歯の上に乗せて、

噛む感覚をまず覚えることから始まりました。

 

どうも、むーくんは口の中の動きが

少ないようです。

先生が口の中からホッペを触ってみると、

とても分厚い、とのことでした。

舌が動くスペースが少ないので、

広げてあげるために

マッサージしてあげるといいよ、

と言われました。

口の中に指を入れて、

中の方からほぐすように

マッサージする方法を教わりました。

 

訓練のために

「なにか食べるものを持ってきて」

と言われ、

頑張ってお弁当を作って行くのですが、

食べられる量はというと

ほんのわずか…^^;

残ったお弁当に虚しさを隠しきれない

ママなのでした。

きっと、これから、これから!