進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

日中一時支援の申請へ

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

 

療育手帳を申請する時に知った、

「日中一時支援」の申し込みを

行うことにしました。

日中一時支援とは、福祉事業所と契約し、

子どもを一割負担で預かってもらえる

システムです。

 

これまで痰の多いむーくんを連れて

吸引機を持ち歩きながら

出かけたり買い物をしたり

ということのハードルが高くて

ほとんど出かけられなかったので、

少しでも自分の時間が持ちたかったのと、

むーくんの刺激にもなると

思ったことがきっかけでした。

 

日中一時支援は、まず

区役所の福祉課に申請書を提出します。

区役所から「受給者証」なるものが届いたら、

次は預かってもらえる福祉事業所と

契約します。

我が家の場合、訓練で通っている

療育センターに看護師さんがおられることから

そことだけ契約を結びました。

(何ヶ所でも契約できます)

 

事業所と契約したら、

今度は事業所と役所がやり取りし…

なんて様々な工程を辿っているうちに、

手続きだけで半年近くが経っていました^^;

(急ぐ方とかは困られるでしょうね涙)

 

むーくん2歳になった頃に

ようやく日中一時を利用できる段まで

たどり着きました。