進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

新生児科での簡単な発達検査

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

むーくん、2歳になったので

産まれた時からお世話になっている

こども病院の新生児科で

軽い発達検査をすることになりました。

 

聞かれたことは

◼︎オシッコが出たことを教えるか

◼︎スプーンを使って食べるか

◼︎ズボンやパンツを脱げるか

◼︎親と離れて遊べるか

◼︎コップからコップに水を移すか

◼︎ストローから飲めるか

◼︎鉄棒にぶら下がれるか

◼︎走れるか

◼︎お友達と手をつなぐか

など。

 

運動機能に関しては、

「1歳半くらい」とのこと。

走れない、ズボンを脱がない、などから

こういう評価に。

社会的な部分も

(具体的にどういうものか

あまり分かっていませんが、

お友達との関わりとかそういう所かな?)

同じく1歳半くらい、と言われました。

最後に言語の発達について。

話せはしないけど、

(むーくんは相変わらず笑い声も泣き声も

出ない状態でした)

理解に関しては「2歳2〜3か月くらい」

とのことでした。

自分から発信はほとんど出来ないけれど、

ちゃんと理解してくれているんだと分かって、

私はとても誇らしく思ったのでした。