進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

歯科での食事訓練

 

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

むーくんみたいな医療的ケア児は

虫歯が出来ると治療が大変になるので、

少し前から予防目的で

こども病院の歯科も受診していました。

 

歯科にて、

「何か困ってることはないですか〜?」

と聞かれたので、

食事が進まないことを相談したところ、

「療育センターと並行して

こちらでも訓練してみましょうかー」

ということになりました。

なんと!歯科でもそういうことが

出来るなんて!!

 

ちょっとしたお菓子を持っていき、

むーくんに食べてもらって

舌の動きを見てもらいました。

当時2歳1か月でしたが、

まだ離乳食の初期、舌で食べ物を

つぶせるまで行ってない!と

言われました^^;

まさかそこまで進んでないとは…

この日は簡単に様子を見て終わりました。

先生は割と能天気で、

いずれ食べられるようになりますよー、

舌の動きがダイナミックになれば

大丈夫ー!とのこと。

 

もう、口のマッサージ等をしながら

焦らずむーくんのペースに

合わせるしかないのかなー、と

この時私はやや開き直ったのでした。