進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

熊大で検査入院〜お風呂指導と熊本地震〜

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

 

むーくん、新しく気管切開口を作った傷も

落ち着いてきたので、

退院が決まりました!

入院してから8日目でした。

 

この日の午前中、担当の看護師さんが

お風呂に入れてくれました。

普段、私たちはむーくんをゴローンと寝かせて

頭を洗い、桶で泡を流しますが、

経験豊かな看護師さんのやり方は違いました。

 

首の周りにケープを付けて、

座った状態で上からバシャーンとお湯をかけます。

顔に水がかかったことなどほどんとないむーくんは

パニックです^^;

まあしかし、だんぜん早いし、

勢いよくかけたにも関わらず

気管切開口から水が入っている様子は

ありませんでした。

 

おおお、スゴイ…!!

豪快なやり方でしたが、

こういったやり方もあるのだと

とても関心したのでした。

 

そして無事に福岡への帰路についた

私たちでしたが…

なんと退院の翌日に、

未曾有の被害が出た熊本地震

発生したのでした。

血の気が引きました。

 

1か月後に傷の状態を診てもらうために

再度熊大へ行った時に、

歪んだ道路、倒壊した建物を目の当たりにして

衝撃を受けました。

病院にて、先生に

「大変だったでしょう」と聞くと、

先生は豪快に笑われて、

「いやー、大変でしたよ。停電にも

なりましたしね。

前日に退院出来てて良かったですね!

もし病院にいたら帰れなかったと思います」

と言われました。

きっと想像以上に病院では

大変だったことと思います。

でもその経験を力強く乗り越えられた

医療スタッフの皆さんは、

より逞しく偉大に見えたのでした。