進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

ST(言語聴覚士)さんとの面談

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

I(アイ)センターにて、

希望者はST(言語聴覚士)さんに

言語についての相談が出来ることになりました。

 

むーくんももちろん希望しました。

(※STさんは人数が足りておらず、

相談のチャンスもなかなかありません。)

 

保育を途中で抜け、STさんと面談。

状況を少し話したあと、

むーくんに対し発達検査のようなことを

始めました。

STさんもこういうことするのねー、と

少し驚きました。

 

内容は、

◼︎型はめ

◼︎小さいキューブブロックの積み木を並べる

◼︎赤と青のコップに同じ色のおはじきを入れる

◼︎絵の名前を当てる

◼︎体のパーツを言う

◼︎食べる、泣く、泳ぐなどの動詞が

 絵を見て言えるか

 

などなど。

最後の動詞の質問は「泣く」

くらいしかわかりませんでしたが、

ほかの質問は概ねスムーズに

答えていました。

楽しくないことだとむーくんはすぐに

不機嫌になりますが、

この時は遊びの延長と思ってくれたみたいです。

 

結果、言語理解に関しては

「2歳半くらいの能力」とのこと。

この時のむーくんが2歳4か月ですから、

理解に関しては年齢相応のようです。

ただ、理解に反して、「伝える能力」が

あまりにもなさすぎると指摘されました。

 

手話を使い、できるだけむーくんから

他者に伝えることを頑張るように、

と言われました。

「おやつ たべる」とか「ママ おいで」とか

なるべく文章になるようにするのも大事、と

言われました。

 

言われて初めて気付くことがたくさんありました。

 

理解と自ら伝える能力にとても差がある場合、

STさんの訓練を受けられるということで、

むーくんは通園とは別にSTさんとの

訓練の時間を持てることになったのでした。