進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

療育センターでの食事形態

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

療育施設、I(アイ)センターの親子通園では

毎回給食が出ます。

 

2歳児にも関わらず、むーくんは

「ペースト」状で提供してもらっていました。

モグモグがなかなか進まないので、

ペースト状の方が量が摂れるし、

早く食べられるからです。

 

しかし、食事って、「見た目」

大事なんですよね。。。

むーくんは色や形がちゃんとあった方が

気分が上がって

積極的に食べてくれました。

 

先生に相談したところ、

「では、ペーストとみじんと、

半々にしてみましょうか」

と提案してくれました。

 

臨機応変に対応してくれ、

しかも子ども1人1人に形態を合わせてくれるのは

本当にありがたかったです。

 

案の定、むーくんは

みじんの方を積極的に食べたがりました。

ただ、口を動かすのにだんだん疲れてくるので

その頃にペーストが登場!

といった形で、

人より時間はかかるものの、

食事形態のおかげもあって

給食を頑張れていたのでした。