進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

訪問診療の話

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

 

むーくんは月に1度

子ども病院で定期受診していました。

とはいっても、

気管切開はしているものの、

基礎的な疾患がないため概ね元気で、

ほとんど吸引に必要な物品を

もらいに行くのが目的なようなものでした。

 

 

吸引に必要な物品は、

このご時世ですが必要物品を事前に

子ども病院までFAXして

準備していてもらう感じでした。

 

毎回都市高速を使う距離の病院まで行き、

大量の物品を持ち帰るのが

けっこうな負担になっていたので、

何ヶ月かに1回とかの通院に

出来ないか相談したところ、

「訪問診療はどうか」

という案内がありました。

毎月自宅に小児科の先生が訪問してくれ、

物品も持ってきてくださるというのです。

願ってもないお話です。

 

自宅付近のエリアを担当されている先生に

受け入れが可能かどうか

確認をしていただけることになりました。