進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

訪問診療の先生の病院へ

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

訪問診療の先生が

むーくんのことも診られる、

との連絡を受けました。

事前に受診してください、

とのことだったので、

さっそく訪問診療の先生の元を

尋ねました。

 

病気や気管切開の状況も

よく把握してくれていて、

こちらの話もきちんと聞いてくださる

優しい先生でした。

 

今後について、

◼︎月に2回自宅に来られること

◼︎メーカーは変わるかもしれないが

これまで通りのケア用品を用意してもらえること

◼︎酸素の処方を続けること

 

などの説明がありました。

 

こうして、3歳の春から

訪問診療がスタートすることに

なりました。