進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

一緒の通園はいつまで!?

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

 

むーくんの通園が始まりました!

私がいるのもあってか

むーくんは新しい環境にもすぐ慣れて

基本的にはとても楽しそうにしていました。

 

むーくんは痰が多いので、

看護師さんを呼ぶタイミングは

少し気になるところでしたが、

看護師さんは頻繁にクラスに出入りしてくれて

背中を触るなどして痰の具合を

確認してくださったりもするので、

問題なさそうな感じでした。

 

給食も思ったよりもよく食べてくれ、

安心しました。

 

割と順調な通園生活が

始まったので、

私の付き添いもまあ2〜3日だろう、

なんてたかを括っていたのですが…

 

・・・

1週間たっても親子通園が終わらないのです。。。

 

一緒に通園することに関しては

むーくんの様子がよく分かるし、

お友達や先生の雰囲気も把握できるので

悪いことではないのですが…

いかんせん、ずっと園にいると

家のこと、自分のことが

なにもできない!!

 

この、延々と付き添いをする意味合いは

なんなんだ、とモヤモヤを抱えながらも、

結局2週間まるっと一緒に通いました。

 

そこから次第に館内分離、館外分離が始まり、

ゴールデンウィーク明けに

ようやく完全単独通園が始まったのでした。

 

それまで生まれてこのかた

ずーーーっと一緒だったので、

開放感の一方でちょっぴり寂しく感じた

瞬間でした。