進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

声が出なくても人を呼ぶ方法

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

 

相変わらず笑い声も泣き声も

全く出なかったむーくんですが、

声が出ないなりに自分で色々考えるようで、

「声」以外のやり方で

人を呼ぶ方法を編み出しました。

それは、唇を合わせて

弾けるように離すことで出る「PA」音です。

連続して「PAPA」と音を出すむーくん。

パパかママかの区別はその音では

分からないものの、

離れた場所にいる私たちを

気づかせることができるので、

デフォルトで使うようになっていきました。

 

この応用で、担任の先生のことも

「チェッチェッ」と、

「先生」の音に近い音で呼べたら

先生も気付いてくれるし

お互い良いよねー、という話をしました。

 

この唇音とともに、

手話も一緒に使えば

誰を呼んでるか分かるねー、

ということで、

「先生」の手話も活用できるように

先生方を含めて共有したのでした。