進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの5歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

成育に行くための準備①飛行機編

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

 

むーくんが東京の

国立成育医療研究センターに行く日が

近付いていました。

 

福岡から行くので、

飛行機の利用を考えていました。

療育手帳があったので

割引がきくらしいのですが、

正規運賃(大人料金)から3割引だそうで…

だんぜん子ども料金で乗った方が安いので

通常の航空券で予約をしました。

(むーくんは歩ける医療的ケア児のため、

交通費等の助成が本当に少ないです)

 

そして、

むーくんは吸引機無しで搭乗することが

考えられなかったので、

まず持ち込むにはどうすればいいのか

問い合わせてみました。

 

日本航空さんの場合、

◼︎所定の診断書・同意書をFAX

◼︎FAX確認後折り返しの電話で内容確認、

 手続き完了

という流れでした。

 

注意すべきは、診断書が出発日を含む

14日以内に書かれたもの、となっている所。

何回か利用する予定がある場合、

もしくは入院等が長引く可能性がある場合は

どうすればいいのか尋ねると、

「有効期限を長めに書いてもOK」

とのことだったので、

そのように対応するようにしました。

(医師に書いてもらう必要があり、

文書代で3000円くらいかかってしまいます)

 

事前の手続きは割とあっさり終わるのですが、

なぜだか毎回足止めをくらいます。空港で!!

どうも申請書を出しているプライオリティーセンターと

空港の連携がちゃんと取れていないために

起こるようで、

身体の強くないむーくんを

空港の人混みにさらしつつ、

吸引機などの重たい荷物を持って

空港内を行ったり来たりさせられたのには

辟易しました。。。

(驚くほど毎回です!!)

毎度申請する度にお伝えするのですが、

改善される様子もなく…^^;

ここは病気の人たちのためにも

ぜひ!改善して頂きたい部分です…。