進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの6歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

スピーチカニューレを試してみる

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

福岡に戻ってきてから

福岡子どもの耳鼻科の先生に

むーくんの経過を報告しました。

そして、声を出す練習のために

スピーチカニューレを試すのはどうか

相談したところ、

保護者の監視下で試してみるのもアリ、

ということで、

処方してもらえることになりました。

 

スピーチカニューレというのは、

カニューレにバルブが付いていて、

息を吸う時にはバルブが開き、

吐く時にはバルブが閉じるしくみになっていて、

呼気がカニューレの側溝から声帯に抜けることで

声が出る、というものです。

 

これが常時使えれば、

むーくん、より発声がしやすくなるはずです。

 

うまく使えなかった場合に

すぐに元々付けていた

普通のカニューレを戻せるように準備して、

いざ、カニューレ交換。

 

初めは普通にしていたむーくんでしたが、

ものの10数秒で苦しそうに。

声を出すチャレンジどころか、

顔色がどんどん悪くなっていったので、

すぐさま元のカニューレに戻しました。

 

スピーチカニューレでは、

呼吸が出来ていない!!

 

ことが分かりました。

声帯が「呼吸が出来る」ところまで

広がっていないのか、

それとも慣れの問題もあるのか…

いずれにしろ、現時点でのむーくんには

スピーチカニューレが使える状態では

とてもありませんでした。。。