進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの6歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

2回目バルーン後の声は…

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

 

2回目のバルーン後、

1〜2週間は声が出にくくなる、

と言われていましたが、

むーくんが麻酔から覚めてから

割とすぐに出始めました。

そして、その翌日には、

以前よりも声がかなり出やすくなってるのが

わかりました。

かすれは強く、処置後で分泌物が多くて

ガラガラと痰は絡むのですが、

「音」としてはかなり綺麗で、

力まなくても出せている印象でした。

前回よりも声帯が広がったということ

なのでしょう!!

声帯がより開いたにも関わらず

飲食物を誤嚥するわけではないので、

やはり声帯を閉じようとする力は

ちゃんと残っているのだろうな、

と実感でき、嬉しくなりました。

 

麻酔後の副反応ですが、

今回も相当強く影響が出てしまい、

術後2回の嘔吐、その後もしんどそうにしていて、

1時間半ほどずっと抱っこしていました。

お昼ご飯は食べられず、1割くらい。

更に夕方から夜にかけて更に2回吐きました。

うーん、不憫。

それからようやく回復し、

夜ご飯は完食できました!!ホッ。

 

身体が小さい子の麻酔の量って、

きっと調整がとても難しいのでしょうね。。。