進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの6歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

難しい発音

 

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院→兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

 

むーくんが話し始めた当初、

聞き取れない音が多くて心配していました。

ST(言語聴覚士)さんに相談したところ、

「経験して獲得していく」

とのことでした。

「聞き取れない言葉は、お母さんが

ハッキリ言い直してあげてくださいね」

 

ほんとに何も特別な介入なしに

聞き取りやすい音に改善されるのかと

半信半疑でしたが、

むーくんが喋れば喋るほど、

少しずつ改善されていきました。

ほとんど言えなかった「カ行」などは

ほどなくして言えるようになりました。

そんな中でもやっぱり難しい発音は、

「サ行」と「タ行」。

「すーちゃん」→「うーあん」

「なっとう」→「なっこう」

「つき」→「ちゅき」といった感じです。

これも経験で、自分で正解の音を

探せるようになるのでしょうかね。

 

とはいえ、ずいぶんと「会話」での

コミュニケーションが取れるようになり、

むーくんの反応を楽しむ毎日となってきました^^