進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの6歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

保育施設で医療的ケアが出来るということ

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

 

保育施設に看護師さんを配置し、

医療的ケアのあるお子さんも

通えるようにしてほしい!!

という近年の動きの中で、

まずは公立の保育園から

モデル事業を始める、ということになりました。

 

初年度は、市内1か所。

入園の条件がクリアできても、

遠すぎて通えない、という声が

多く聞かれました。

これを受けて、次年度は市内4か所の

保育園で受け入れ可能に。

3年目の2020年度には、

公立全てとなる7か所と、

一部の民間の保育園でも

受け入れができるようになりました。

 

当初は入園の条件が曖昧で、

集団生活が難しいかも?

ということで入園を断られるなど

していたと聞きますが、

ずいぶんとその内容も精査されたようです。

 

私たちが所属していた会が

「保育について考える有識者たちの検討委員会」

に呼ばれ、

仲間とともに現状の報告や問題点、

希望や提案などを伝える機会があったのが

とてもありがたかったです。

きっと課題を精査する一助になったと

思っています。

 

ただ保育園なので、

お仕事をしていないと厳しいですし、

「空き」があるかどうかの問題もあって

一筋縄ではいきませんが、

それでもきちんと予算が組まれ、

医療的ケアがあっても保育施設を選べる

という画期的な変化を

この目で見ることができたのでした。

 

医療が発達し、

気管切開などの医療的ケアがあっても

知的・肢体には問題ない子どもが

近年とても増えている、というのが

背景にあります。

私が当時仕事をしていなかったのもあり、

むーくんはこの恩恵に

預かることはありませんでしたが、

はなから「無理です」と言われ、

通いたい保育施設を選べず

ショックを受けていた私のような親が

今後は減ると思うと、

それだけで会の活動を頑張ってよかったー

と思えるのでした。