進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの6歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

ICUにて(手術当日)

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、抜管が出来ずに福岡市立こども病院兵庫県立こども病院に転院。縦隔炎を経て生後半年で気管切開手術。8か月半の入院生活を終えて自宅での生活がスタートしました!

 

 

 

 

 

術後、ICUに入ったむーくんに会いました。

鼻には2本のチューブが入っていて、

呼吸器に繋がれていました。

筋弛緩剤を使っているので

口が開きっぱなしの深い鎮静状態です。

 

術後はこうなる、という

過去の経験がなければ、

けっこうショックで、不安になる姿です。

 

よく頑張ったねえ、と

たくさん頭をなでました。

 

むーくんの写真は撮って大丈夫、

ということだったので撮っていたところ、

ICUの看護師さんが、

「パパママ一緒に撮りましょうか?」

と言ってくれました。

ICUならでは、といったところでしょうか。

ここでの時間が家族にとって

とても重要なものだということを

看護師さんは知っているからでしょう…。

 

そしていまだから思うこと。

このコロナ禍で

手術を終えた方に、家族はちゃんと

会えているのでしょうか。

 

元々マスクは必須、

入室前には入念に手洗いし、

消毒までしてから入る場所です。

 

術後、感染することが

一番怖いこと…

病院によって対応は様々なのかもしれませんが、

大切な人の側に

少しでも居られることを願ってやみません。