進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの6歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

術後の通園許可

 

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、転院するなど試行錯誤するも抜管が出来ず、生後半年で気管切開手術。生まれてから8か月半の入院生活後、自宅生活を開始しました。その後「声帯の固着」が分かり、抜管へ向けて声帯の手術を行いました。

 

 

 

成育から福岡へ戻って2日後、

療育センターでの園生活に

参加できるかどうか、

センター長の診察がありました。

 

退院して間もないですが、

手術自体からは3週間経っていたので、

体力的な所や、急変の心配などは

ないでしょう、とのこと。

あとは園でも水分が摂れるかどうか!!

 

とろみ剤とお茶を持って行き、

看護師さんや担任の先生と一緒に

どのくらいとろみを付ければ

お茶が飲めるかやってみました。

ジェル状にしたお茶を

むーくんが飲む様子を見て、

「このくらいのとろみで

飲めてるね!!」と確認。

私がいなくても調整できるように

共有してもらいました^^

診察翌日から2日間は私も一緒に通園、

13時までの短縮でしたが、

その後は再び単独通園で

楽しく過ごせるようになりました^^