進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの6歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

いよいよ!抜管に向けた入院へ

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、転院するなど試行錯誤するも抜管が出来ず、生後半年で気管切開手術。生まれてから8か月半の入院生活後、自宅生活を開始しました。その後「声帯の固着」が分かり、抜管へ向けて声帯の手術を行いました。

 

 

 

 

 

 

声帯への肋軟骨移植手術からおよそ半年。

待ちに待った「抜管トライ」のため、

国立成育医療研究センターに行く日が

やってきました。

 

術後、一冬超えて

声帯が狭くなってきて苦しくならないか、

風邪を引いた時に痰を出せるか、

サチュレーションは大丈夫か、

など様子を見てきましたが…

ひとまずバルブをマスキングテープで

完全に閉じた状態でも

全く問題なく過ごせていました。

正確には、「ひどい風邪を引かなかったので

分からない」という所もありますが…

(まあ風邪を引きにくくなったというのはいいことです)

 

抜管トライの日程としては、

1日目 術前検査・入院

2日目 全身麻酔下で声帯の状況を確認

3日目 特に何もなし

(麻酔の影響・ファイバーによる声帯の腫れがないか確認)

4日目 抜管トライ

5日目 抜管トライ2日目

6日目 うまくいけば退院

 

という1週間コース。

むーくんの状態を見ている限り、

「やっぱり抜管トライ自体できません」

なんてことにはならないだろうとは

思ってはいましたが…

こればかりは何が起こるか分かりませんものね。

 

緊張と期待でドキドキしながら

入院の日を迎えたのでした。