進め!ちびっこ気管切開児

気管切開をしているけれど、元気いっぱいの6歳児を追ったブログです。病気や気管切開、病院選びや進路についてなど、過去を振り返りながら記録していきます。

抜管トライの日

【むーくんの経緯】

1700g台の低出生体重で生まれる。呼吸苦が続くため検査したところ、心臓の血管が気管に巻きつく「血管輪」による気管の狭窄が判明。生後23日目に血管輪除去手術。気管軟化症が残り、転院するなど試行錯誤するも抜管が出来ず、生後半年で気管切開手術。生まれてから8か月半の入院生活後、自宅生活を開始しました。その後「声帯の固着」が分かり、抜管へ向けて声帯の手術を行いました。

 

 

 

 

 

いよいよ、抜管トライの日が

やってきました。

窒息の危険を鑑みて、

麻酔の体制も整え、

手術室での抜管トライです。

 

思えば、

産まれて2か月で福岡から兵庫に転院して、

挿管チューブ(その時は鼻から入ってました)からの

離脱を目指して何度も抜管トライをしました。

でも、

その都度陥没呼吸の

非常に苦しい状態に陥り、

決して抜くことはできませんでした。

 

気管切開をしてから、

今度はカニューレからの離脱を目指して

病院行脚をしました。

 

でも、抜管に挑戦さえも出来ない

何一つ進まない日々でした。

 

夢物語のように感じていた「抜管」。

それが、とうとう「トライ」が出来るところまで

来られるなんて…!!

 

手術室に入って、約10分後。

むーくん、あっという間に出てきました。

 

首には…

 

カニューレがない!!

何の問題もなく、

スムーズに抜けたそうです。

 

むーくん、ニコニコ。

苦しそうでも何でもない涙

私は、なんだかずっと泣けなかったけど、

この時ばかりは泣きました。

もう泣いていいよね、と思って。

 

 

抜管前後の写真です。

 

抜管前。

f:id:gotama:20210717151652j:plain

 

 

抜管後。

f:id:gotama:20210717151725j:plain

 

ずーっとあったカニューレがなく、

だいぶスッキリ見えました。

 

むーくん5歳。

抜管、とうとうこの日を迎えることができました!!